点数のつけられない日々〜にっき

f:id:furaha_sasa:20210207173227j:image

 

今更だが、実は新年になって「日記」を書き始めた。
一日1ページ。今のところ、欠かさずに書き続けることができている。

とはいえ、その日書き忘れることもあるので、正確には書き続けているとは言えないのかもしれない。
それでも前日の書き忘れは、とりあえず翌日には書き記すようにしている。
なので、「ページを白紙にしない」という点では、続いているといってもいいかもしれない。


書いている日記にはルールを設けた。
「その日やったこと、起きたこと等の事実のみを書く」
感情を乗せてもよかったのかもしれないが、それだときっと1ページでは足りない。
だから、事実のみを記すために書くと決めて書いている。


これまで、プライベートな日記はそれとなく書いてはいたものの、「続けて書く」という行為はプライベートのものでも、提出するものでも、続いたことはなかった。


小学生時代の夏休みの絵日記はため込んで、最後の週になって慌てて書くみたいなことばかりしていたズボラな子供だった。
それとなく続いていたのは、恐らく高校時代以来かもしれないが、高校時代の日記は「一言日記」みたいなものだったから、正確には日記といえないかもしれない。


高校卒業以降も日記を書いていたことはあったが、「毎日欠かさず書く」というニュアンスではなかった。
とても辛いことがあったら、その都度「乱暴に気持ちを吐き出すノート」としての存在でしかなく、日記というより「お気持ち整理ノート」という位置付けが正しいと思われる。
そうなると、続けて日記らしい「日記」を書くことなんて、これまでなかったのかもしれない。


今になってなぜ続けられているかと考えてみると、とりあえず、ちゃんとした「日記帳」を準備したことなんだろうなと思っている。

「日記帳」は、ついついよくある大学ノートで済ませがちだが、それだと仮に書き続けなくても別のノートとして流用ができてしまう。
それなりにお値段がするものを準備したので、続けざるを得ないという気分になるのは必然のこと。


ちゃんとした日記帳を準備するなんてことは、それこそ小学生以来ではなかろうか。


まあ、何より、続いているのは、時間にも精神的にも余裕のある生活がこれまでより遥かにできているからという点に尽きると思う。

…とかなんとか色々書き綴ってみたものの、日記が続いているというのは、今の生活をさせてくれている旦那さんのお陰が大きい。


何が言いたいかというと、「旦那さんに圧倒的感謝しかない」というノロケに近いものが「とどのつまり」というわけである。

トゥールズブースオンラインの5等に当選して思い出したこと

f:id:furaha_sasa:20210129164750j:image

 

タイトルの通り、この度トゥールズブースオンラインの5等に当選しました。


届いたときは身に覚えのない封書に少々戸惑いながら、開封してひとえに安堵した次第です。


きっと若くて絵心のある方たちが多く応募しているのだろうなあと思いながら、私のような齢40オーバーの人間が応募してもよいものかと思いましたが、「コピック」という言葉に懐かしさが込み上げ、特等から1等・3等のコピックチャオのセットに目が眩んでしまいました(笑)。それで、まあ当たらんだろうくらいの軽い感じで応募したんですよ。

 

……

 

その昔、関西のデザイン系専門学校に進学した私は、その学校で多くの(決して安くない)画材等を学習教材として購入したのですが、その画材たちの中に「コピック(角)」は混じっていました。それが「コピック」との最初の出会い。


その「コピック」とやらは、どうやら汎用性が高く、エアブラシにも対応できるとのこと。
ただ、それまであのようなアルコールマーカーの存在すら知らず、使い方など知るわけもなく、学生当時の私には完全に宝の持ち腐れ。まともに扱えなかったし、絵の具を使う授業が多かったこともあり、使ったことなどありませんでした。

 

そんなコピックをそれとなく使うようになったのは専門学校を卒業してから数年後、高校時代の友人に誘われて始めた同人活動から。
(私が教材として購入していたコピックは同人向けでないことを友人が教えてくれました)
ただ、やっぱり思うように使いこなせず、今でも多分田舎の実家にある画材箱にしまったまま(苦笑)。
そして、年齢を重ね同人活動に現を抜かす余裕もなくなってしまい、コピックはおろか、あらゆる画材と絵から足が遠のいてしまっていたのです。

……

 

あれから十数年。
何気なくネットを眺めていた時に見かけた今回の企画。使い方やメイキングも動画で説明してあってなるほどなあと感心しきり。
ああ、昔コピック使おうとしてたけど使い切れてなかったなあという事を思い出した、そのすぐ後には、「今だったらうまく使えるのだろうか」と不覚にも考えてしまったのです。若い頃ですら使いこなせなかったのに(苦笑)。


そう思った次には、冒頭に書いたことを考えながら、応募してしまっていたというのが今回の顛末です。

 

コピックのセットこそ当選しなかったものの、5等には当選できたので、これも何かの縁なのかもしれないと思いましたし、ちょっと久しぶりに描いてみようかなと思ったり思わなかったり。

 

そんな感じで昔のことを思い出してしまったというお話でした。

 

 

ちなみに通っていた専門学校は新聞奨学生として通っていました。
その時のエピソードはこちら↓↓↓

 「箸の使い方がなぜ大切なのか」を考える - はぱささ ~今、ここ~

→販売所に入店する際に出くわしたエピソードを交えた思慮話

 

「成人の日」だから思い出す話(前編) - はぱささ ~今、ここ~

「成人の日」だから思い出す話(後編) - はぱささ ~今、ここ~

→成人式の出席をめぐり、難儀した回想談

 

点数のつけられない日々〜うごく

今日は朝からどうも「冴えない」。

 

寝起きに「冴えない」のはいつものことなのだが、時間が経つにつれ「冴えない」という感覚は薄れるものだからだ。

 

それが今日は昼前になってもサッパリしない。
やる事はそれなりにあるのにウダウダグダグダしたくなる。
そのまま午前中のうちから仮眠取ってしまおうかとも思ったが、やる事はあるのにそれはないなと思い直した。

 

「動かないから冴えない。脳はだらけようとするので、意識的に動いていかないと冴えていかない。」
ふと、そんな脳科学の専門家か何かの、前に読んだ記事を思い出した。

 

幸い天気もいい。しかもそんなに寒くない。

それなりにやる事の中に出かける用事もある。

 

自転車で外に出た。

 

先日雨が降ったその反動か、私より先に外は冴えまくっていた。

 

「冴えない」私に必要だったのは、太陽の光だったのかもしれないなあなどと思いながら、軽やかにペダルを漕ぐ。

 

ただ銀行関係の処理で近所に出かけた、ほんの数十分。
あのまま自宅でゴロゴロウダウダしても数十分。

 

サッパリしない私はもうどこかにかすめ取られていた。

 

ちょっとしたことで心持ちが変わるほど、私という生き物は想像以上に単純なのだなと思ったのだった。

「成人の日」だから思い出す話(後編)

前編からの続き

 

さて、ここで新聞奨学生の時代まで時を進める。

 

日ごろから色々と厳しい販売所の住み込み生活。
家族経営の零細販売所であったために、レギュラーメンバー(住み込み学生)がイレギュラーで休むことは絶対に許されないし、実際の休み自体も休刊日と他1日のみという状況であった。
そういう状況もあり、「成人式のために休みをもらう」ということが大変困難であるということは、優に想像ができた。


秋も深まったある日、決死の思いで夕刊の配達を終えた後、所長にお願いをしに行く。

 

「実家に帰省して成人式に出席したいので、お休みをずらしていただけませんか?」
「成人式ぃ~?そんなん出席せんでもいいんやで?」
「私も出ないで済むならそれでいいのですが、母が私のために着物を誂えて待っているので、参加しないわけにはいかないんです」
「そんなに出席したかったら、ここ(住んでいる地域)の成人式に出たらええやんか」

 

全く会話がかみ合わない。
半分狙って話を展開しようとしているのかと思ってしまう程だ。

 

「いや、ですから実家の母が私のために大枚はたいて無理して着物を準備してくれているんです。それだけを楽しみにしている母を無下にできません」
「そんなに出席せんなんもんなんか?ワシの子供たち(既に30代)なんて出るとも言わんし、今までの住み込みの子も言うたことなかったで?」

 

そうするうちに、所長の奥さんが口をはさんでくる。

 

「そんなんしてまで出らなあかんことなん?配達はどうするん?あんたの代わりに出てもらう人探さなあかんのやで?私らの子供たちも出るなんて言うたことないで?」
「所長や奥さんが言われるのは、それはもう、ごもっともなのですが、私の場合はそういうわけにはいかないんです。とにかく私だけの問題ではないんです!母が待ってるんで…その日の朝刊の配達は出るんで、そこを何とかお願いできませんか?」

私の場合は「義務」なのだ。何としても折れるわけにはいかない。

「そんなこというたかてなあ…そんなん言うてくるて、女の子はめんどいなぁ…(ごにょごにょ)」

所長がぼやくと奥さんも同調する。

「うちの娘でもそんなこと言わんかったのに…(ごにょごにょ)」

 

その後も何やかや言われながらも、何とか説き伏せて一日だけ休みをもらうことに成功した。
その時言われた言葉がこれだ。

 

「こんな事初めてや。あんたの着物のために迷惑かける人がおるのを忘れるな。」

 

確か、そんな風な捨て台詞を所長か奥さんかどちらかに言われたように覚えている。
強烈すぎた。とても、とても悔しかった。母が無理して準備してくれた着物を汚されたような気がした。


そんな感じで成人式の日を迎えてしまったため、とてもじゃないけど晴れやかな気持ちにはなれなかった。

 

成人式前日の朝刊を配り終え、その足で空港に向かい、実家方面に向かって飛行機で飛んだ。公共交通機関を乗り継いで実家に到着したのは夕方差し掛かる頃だった。
その夜は知人に成人祝いの小さなパーティーを居酒屋で開いてくれるというので参加し、寝るか寝ないかの翌日、日も明けきらない内から着付けに出かけ、着付けが済んだら慌てて近所の写真館で晴れ着撮影をし、昼頃の成人式に参加した。
実際の式典では、ただみんなの前で一言抱負を述べただけ。同級生たちとまともに言葉を交わさぬまま会場を去り、あれだけ時間をかけた着付けもヘアセットもすべて解いて、関西向けの最終便の飛行機に間に合うように荷物を置かせて貰っていた美容室を後にしたのである。
実家に戻る時間など寸分もなかった。

 

一番楽しいであろうその後の歓談会にも同窓会にも参加できないまま、同窓生とまともに言葉を交わすわけでなく、私の、そして母の成人式は終わってしまったのだ。

 

あんなにお金をかけさせた結果がこの有様か…と帰りの飛行機の中で思わざるを得なかった。
しかし、写真撮りの時に立ち会って貰った時の母親は嬉しそうにしていた。
ただ、母親当人ははこんなことを本当に望んでいたのだろうか…そう思うとやりきれず、帰りの道中涙が出そうだった。
泣かずに済んだのは、昔近所に住んでいてお世話になったお姉さんとたまたま関西に戻る道中で一緒になり、話を聞いてくれたからだと思う。


住み込みの販売所にたどり着いたのは、夜中差し掛かる頃だった。翌早朝には普通に朝刊配達が控えている。元々ないようなものだが、成人式の微かなる余韻に浸る余裕など、まるでなかった。

 


翌早朝、いつも通り下の販売所に向かう。「成人式どうだった?」とか所長や奥さんに特に声をかけられた記憶はない。
ただ、いつも通りぬからずに配達を終えることだけが私の使命だと思ってやりこなした記憶しかない。

 

後日、母親から私宛に郵便物が届いた。開けてみると、きちんと写真台紙に収められた「慌てて撮った晴れ着姿の私の写真」だった。
よく撮れてはいたものの、きつい顔立ちをした私がそこにいた。
それが私の、その当時の全てなのだなとじっくり眺めるまでもなく、そっと台紙を閉じた。

 

あれが母親が望んだ成人式の姿だったのだろうか。
そして、「私の成人式」とはなんだったのか…。

 

 

 

だから2回目の二十歳を越えてしまった今でも、この時期になるとどうしても思いだしてしまう。
新成人の晴れ着姿を見かけると、必ず。

 


ペットボトルのコーヒーをすすりながら、私はただ眺めていた。
あの時の「あの気持ち」を表に出すわけもなく。

 

 

「成人の日」だから思い出す話(前編)

「成人の日」を明日に控えた今日。
所用で出かけた際、駅に差し掛かろうとしている時のことだ。

この駅と周辺は例年多くの新成人で賑わう。
ただ、この「ご時世」のため、成人式は中止になっている。そういうこともあり、そこまででもないだろうと思っていたが、実際は違っていた。

 

駅と駅周辺には「『式中止』『ご時世』など関係ない!」とばかりに嬉々とした晴れ着・スーツの新成人の皆さんであふれている。

 

一生に一度しかない機会だからしょうがないか…と思い眺めつつ、駅隣接のコンビニでカップコーヒーを買うつもりで立ち寄った。
しかし、もしぶつかって思い思いの一張羅を汚してしまうかもしれないし、そういうことになっては忍びないなと思い、カップコーヒーにするのはやめ、ペットボトルのものにした。

 

そういう光景を眺めながら、去年もその前も、成人式を迎えてから以降、必ず思い出して切なくなってしまうことがあり、類に漏れずまた思い出してしまった。

 


これから綴る話は、私自身が成人式を迎えた時の話である。
少し長くなってしまうが、ご覧いただければ私は少しは浮かばれるかもしれない。

 

……

 

 

私は辺境の片田舎で生まれ育ったのだが、高校を卒業後、関西方面の専門学校に進学した。
進学といっても、普通に学校に通うだけではなかった。学費と生活費の両方が工面できる「新聞奨学生」として住み込みで新聞配達をしながら、学校に通うという進路選択をしたのである。


ただ、私が住み込みで働いていた販売所は色々と厳しいことでそれなりに知れていたところらしい。(そのためか、店舗は事情を知らない地方出身者で構成されていたようだ。新聞奨学生時代のエピソードはこちらでも取り上げている。)

普段の学校生活を送ることでも結構大変だったのだが、「成人式」を迎えるにあたっては、決定的に大変だったのだ。

 

 

話はまず、高校3年の晩秋の頃まで遡らなければならない。


たまたま自宅に送られてきたダイレクトメール(以下DM)に母親が目を奪われてしまうことから、この話は始まる。

何のDMかというと、「成人式の着物」の即売会。そう、私の成人式を目指した着物販売の案内だったのである。


私自身、家庭の経済状況は決して良いものではなく、大変厳しい生活を強いられていることは知っていたので、当然「お金かかるから、そういうものはいらないよ」と断った。
ただ、母親には母親なりの思い入れがある。

 

母親自身も貧しく、自分が二十歳の時に着物が着れなかったことで大変悲しい思いをしたという経験から、
「将来私に娘が生まれることがあったら、絶対に成人式で着物を着せたいと思っていた」
と切々と言われてしまい、そんな母親の思いを無下にできるわけもなく、その着物即売会に行くことになる。


ちなみに着物即売会の会場は、どういうわけか隣県の某アミューズメントパーク内の一施設が会場となっており、行くまでにも時間とお金がかかるのに、そこまでして行って買う必要があるのかと思ったものだ。

 

 

当日会場に行くと、所狭しと反物が並んでいる。
「自分の好みを選びなさい」と事前に母から聞かされていたので、個人的にはグリーン系かパープル系のものが良いなと考えていた。

…にも拘わらず、購入に至ったのは、母親の意向が強く出たモノクロの総絞りの反物だった。


当時の私には地味にしか見えず、散々渋ったのだが、私を担当した販売員さんの一言で、私が折れるしかなくなってしまっていた。

「成人式の着物はご自身だけが着るものではない。お母様も同じような気持ちで着るような、特別なものなのよ」

随分前の話なので記憶があやふやだが、「親の意向も汲んであげて…」みたいなことを言われてしまったら、娘の立場上、そして旅費も含めお金をかけさせてしまった以上、母親の意向に沿うしかできなくなっていた。

 

そんな経緯を経て、私のために誂えたモノクロ総絞りの着物が程なくして仕上がったわけである。
当時の私には正直着物の価値などわかっておらず、お金をかけさせてしまったことばかりが気になっていた。
ただ、母親にとって、想像以上に良い着物となっていたようで、嬉々として眺めていた。

 

「何が何でも、成人式にはこの着物を着て、成人式に出席する」という私の義務が、ここに発生した瞬間だった。


(長くなったので、後編に続く)

ブログの一部を移転・刷新しました

昨年から検討していたnoteの記事の処遇について、ようやく腹が決まりました。

 

直近の1記事を除く、すべてを削除し、反応の良かった一部の記事を本巣であるはてなブログに移転させました。(「点数のつけられない日々」から5本、「DOKU-HAKU」から1本)

記事数が多くないことが幸いし、一挙公開という形式をとりましたので、お知らせします。

 

また、カテゴリーも整理し、刷新しました。
「note」で運用していた「マガジン」のタイトルを一部はてなブログに移転、カテゴリーとして反映させ、新たにカテゴリー追加を行いました。

 

また、カテゴリー刷新に伴い、過去記事の一部再公開しました。

 

今後は記事更新と共に、適宜ブログ内の刷新をして行く予定です。

 

頑張っても自堕落ぎみ。
そんな私がその日に思いついた、感じたことを飾らず書いてみる試験カテゴリー

「点数のつけられない日々」 

hapasasa.hatenablog.jp

 

奥に沈んだ本当のところを探る。 ある意味「生体実験」のようなもの。

「わたし話~DOKU-HAKU~」

hapasasa.hatenablog.jp

 

私が引っかかることを体験談も交えて語るオピニオンカテゴリー。今のところ、一旦引いた過去記事の中で比較的アクセスの多かった記事をまとめています。

「はぱささオピニオン」

hapasasa.hatenablog.jp

 

夢は「わがまま」

この記事は、2020/12/04 18:50にnoteに掲載した記事をこちらに移転させました。ご覧いただけると幸いです。

 

夢は「わがまま」の残りかす。

 

今の歳になって、色々…ほんと色々起こっている中で、なんだかんだで、
思い描いた夢の形とは違うが、それなりに自分の希望を叶えてきていることに気がついてから、夢なんてもう持つことはないなと思っていた。

 

「家から離れなければ殺される」と思い、「働きながら専門学校に通う」という理由で飛び出して、色々な非正規勤務を経て経験を積んだ。地方都市ではあったけど、都会で一人で工夫して暮らした経験も辛いながらも楽しかった。
そして行きたくても行けなくて、そうやって行きそびれた大学も通信制ではあったけど、編入して卒業できた。

 

ずっと希望だった心理職にはつけなかったけど、ボランティアとして関連業務に関わる事ができた。心理職よりよっぽどこっちの方が向いているのかもしれないとすら思えた。

 

血縁以外に絶対理解者は現れると信じて、それなりの努力をしていたら、本当に現れてくれて、結婚まで辿り着けてしまった。
(まあ、血縁が私に対して理解があったかといえば甚だ疑問ではあるが。)

 

そして、ひっそりと願い続けた一番の夢だったかもしれない「穏やかな生活」もこの結婚で手にしてしまった。

 

そうなってくると、夢はある程度叶ってしまっている。

 

そんな私から夢を漉し取ると、もう「わがまま」しか残っていないことに気がついた。

 

ずっと求めていて、経済的な問題や日々の生活で失われる気力、さらに実家の絡みで諦めてきた、極めて個人的なこと。
最終的に私の夢とは、私がこれまで「わがまま」とされて諦めざるを得なかったことなのかもしれない。

 

その濾しとった残りかすである「わがまま」に、少しづつ手を入れて消化していくことが、経験と年齢を重ねた今の私の「夢」なのかもしれない。